2015年5月20日水曜日

石垣島2日目:早朝からトラブル発生

早朝からバッテリーが切れる!

意識高い系たるもの、カヌーぐらい体験しておかないとっということで、2日目は朝からカヌー体験の予約を入れていました。

しかし、早朝、ゲストハウスから歩いてレンタカーを置いていた場所に着くと、なんとレンタカーのバッテリーが切れてしまってて車が動かない!

どうやら昨晩ライトをつけっぱなしにしてしまってバッテリーがあがってしまったようです。

しかし、レンタカー屋の駐車場に車を止めていたのが不幸中の幸いでした。

ちょうど、私達が来たタイミングでレンタカー屋の人も出社してきたので、すぐに対応してくれました。

まずは他の車にバッテリーを繋いで復活を試みます。

しかし、バッテリーが完全に干上がってしまっているらしく失敗。

結局、今までの車をおいて他の車を貸し出してもらうことになりました。

レンタカー屋さんの素早い対応で、なんとかカヌー体験の時間に間に合いました。


カヌー体験


石垣島のカヌー体験は、観光客の5%ぐらいしか体験しないそうなのですが、風景は綺麗だし、風邪を切って進むのが気持ちいいし、お店の人の話は面白いし、オススメです。

ちなみに今回、私達は"らぐーん"というお店に頼みました。

気をつけなければならないのが、満潮の時でないとカヌー体験できないということです。

そのため日によってカヌー体験できる時間帯が決まっています。

聞くところによると、そのことを知らなかったために予約を入れようとした人のうち約半分が時間が合わず予約ができないそうです。

なので、石垣島に来る際にはそのことに気をつけて計画をたてるとよいでしょう。


サンゴ礁

お昼ごはんを食べ、その後は、ゲストハウスのお兄さんに聞いたオススメ サンゴ礁スポットに行きました。

ここで、サンゴ礁について少しお話すると、石垣島のサンゴ礁は年々死んでいっているそうです。

10年前に、石垣島によく来ていたという友人も、サンゴ礁が死にまくっててびっくりしたと言っていました。

また、カヌー体験のお店の人も、同様のことを言っていて、さらに、それに対して対策をしようという行政の声をあまり聞かないと憂いていました。

おそらくは、地球温暖化が一番の原因だろうということだったので、市政レベルでできることは少ないのかもしれないですが、なんとか少しでもサンゴ礁をキープできないものかと思いました。。

このペースで行くと20年後にはサンゴ礁がほとんど無くなるんじゃないかということです。

そうなると、石垣島の観光価値が減って最終的には観光客も少なくなっちゃいますしね。



釣り


約25年ぶりぐらいに釣りをしました。

が。。。

全然釣れない。

それどころか、5本の針と、1個のルアーを水底に引っ掛けて落としてしまいました。

単に海を汚して終わってしまった。。。

私には釣りの才能は無いようです。

ちなみに、一緒に行った友人は一発でカサゴを釣っていました。



夕飯


夕飯は食べログ情報を頼りに「ひとし」というお店に行ってきました。

マグロの美味しいお店です。

ただ、温かい海のお魚ということで寒い地域のお刺身に比べると少し身がぶよぶよしていました。

とはいうものの、基本的に何を頼んでも非常においしく、しかも量が多かったです。

男3人で、最初に注文した分が食べきれずに、結局残ったものをお持ち帰りしました。


お刺身盛り合わせ(2人前)が1500円でこの量!2切れづつ10品目以上載っています!

ちなみに京都だと1500円の刺身盛り合わせだったら、たぶん これの半分ぐらいの量です。

相当お腹いっぱいになって食べきれなかったにも関わらず、最後のお会計はお酒代込みで1人3000円も行きませんでした。

コスパが非常に高くオススメです!



ちなみに、ここのお店や昨日の「焼肉やまもと」も、予約を取るのが非常に難しいです。

美味しいからというのももちろんなのですが、もう1つ理由があります。

石垣島は数年前に新しい空港ができていらい、旅行客が1.5倍ぐらいになりました。

しかし、飲食店の数はそこまで増えていません。

そのため、特に観光シーズンは予約しないとご飯が食べられないということが頻発しているそうです。

なので、みなさまも石垣島に行く際はなるべく早くに食べ物屋の予約をとることをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿