2015年5月14日木曜日

日本メンタルヘルス協会の体験会で納得いかなかったこと


意識高い系たるもの、メンタルヘルスぐらい知っとかないと、と思ったので、日本メンタルヘルス協会の体験会に行ってきました。

スポンサーリンク

日本メンタルヘルス協会とは

日本メンタルヘルス協会は、
「普通の人がより元気に、精神を向上させ、健康な心で生活をする。」という考えを広めるための活動をしています。
http://www.mental.co.jp/web/aboutus.htmlより
という協会です。卒業生の人には、ベストセラー作家が多くいるそうです。

代表は、衛藤信之さんという方で、パナソニック、江崎グリコ、トヨタ自動車など、多くの一部上場企業から、年間300回を超える企業研修を受け持ち、日本一顧問数の多い心理カウンセラーとのこと。

今回の体験会の講師は、その衛藤信之さんでした。

体験会スタート

朝10:30スタート。会場に入ると、思っていた以上に人がいてびっくりしました。50人ぐらいいたと思います。

平日の昼間ということもあってか8〜9割が女性でした。非常に意識が高そうで、かわいい女子が多かったです。

体験会開始までの間、会場では体験会を受けた人の感想を動画で流していました。動画の中では皆が皆ポジティブなことを言っているので、新興宗教感があってだんだん怖くなってきました。

「洗脳」という言葉が頭をよぎります。

今回に限らず、人がいっぱいいて皆んながポジティブな事を言っていると、ネガティブなことを言いづらい空気が漂います。

そうすると、根がネガティヴな自分としては非常に息苦しさを感じてしまいます。

そんな息苦しさと、新興宗教かもしれないという緊張を感じつつ、講演が始まりました。


アイスブレイク

まず、最初はアイスブレイクのために、ジャンケン大会がありました。

前座のかたが、前に出て、グーチョキーパーを出します。

最初は普通のジャンケン、次は後出しジャンケンで、前に出ている人に勝つ手を選んで出します。

つまり、前の人がグーを出していたら、後出しでパーを出します。

その後に、逆に負ける手を出すジャンケン。

これが意外と難しくて、勝つのは割と簡単だったのに負ける手を出すのは難しかったです。

人には「心の癖」があって、勝とうというのは"癖"がついているので簡単にできるけれども、負けるのは"癖"がついていないので難しいという説明がありました。

確かに、負けず嫌いなのでどんなときも勝とう勝とうと考えてしまっているところがあります。

「心の癖」というのは面白い表現ですね。自分も、いろんな心の癖がありそうです。

何かがあるとついついネガティブに考えてしまうとか、多くの人がYesって言っていたらNoって言いたくなるとか。

"癖"という単語を使うことで、それらをうまく表すことができて、良い言葉だなと思いました。

衛藤信之さん登場

いよいよメイン講師の登場です。長髪に髭という出で立ちが教祖っぽくて、より緊張を感じてしまいました。

緊張していたのは自分だけではなく会場全体が緊張気味だったようで、それを察して、色々と緊張をほぐそうとしてくれます。

話がうまく、30秒に1回ぐらいは笑いをとってくれるので、自分を含め会場の緊張も徐々にほぐれていきました。

話しの抑揚の付け方や、合間合間の小芝居がうまく、噺家さんの話を聞いているようでした。

お話の中では、2つのことを強調されているように感じました。

先ほどの「心の癖」というものと、「他人と過去は変えられない」ということです。

心の癖

ある事実があった時に、それをどう感じるかは、その人次第です。

例えば、砂漠で遭難して、手持ちのペットボトルに水が半分入っているのを見た時に、それを、

「あと半分しかない...」

と思うひとは事実をネガティブに捉える心の癖があると言えますし、

「あと半分もある!」

と思う人は事実をポジティブに捉える心の癖があると言えます。

もう一個例を挙げると、"旦那がテレビに夢中で、こちらが話しかけているのに、あまり反応してくれない。"という事実も、

「どうしよう!旦那は愛がなくなってしまったんだわ!」

っと捉える人もいれば、

「あぁ、私のそばですごいリラックスしてくれてるのね!」

っと捉える人もいます。

このような心の癖しだいで、「事実 -> 感情」の変換のされ方が変わってくるんですよとおっしゃっていました。

他人と過去は変えられない

他人と過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけという話でした。

子供に対して、

「なんで、勉強しないの!」
「なんでテストで、こんな低い点数とったの!」

っと怒鳴りつけても、普通は勉強してくれませんし、テストの結果は変わりません。

変えられるのは、自分と未来だけです。例えば、

「テストで低い点数とっても、ちゃんと報告してくれるってことは信用してもらえてるんだわ!」

って考えたり

「今回は勉強しなくてこの点数だったら、この子勉強したらすごいことになるわ!」

というように考え方を変えれば怒鳴らずに済みますし、優しく接することができます。結果的には、その方が子供も勉強するようになるでしょう。

納得がいかなかったこと

講演は終始面白く、為になる講演を受けたというより、良いエンタメを楽しんできたという感覚でした。

共感できる話が非常に多かったのですが、一点、最後の方に出てきた話で「大人は二枚舌」という部分が自分的には納得がいかなかったです。

自分は嘘をつきたくないという性格なので二枚舌というのには抵抗感があります。

自分は「私、最近太ってきたからさー。」って言っている人がいたら、「そうだよね。」って言っちゃうぐらいの人なので。

けど自分的にはそこで「そんなことないよ。」っていうのは真摯じゃないと思うんですよ。やっぱり、人間、できるだけ真摯な態度で他人と向き合うべきだと思うんです。

ちょっと話がそれますが、衛藤さんの父親は衛藤さんが小さい頃、愛人を作っては別れ愛人を作っては別れという事を繰り返し、次々とお母さんと呼ぶべき人が変わっていったそうです。

そして、2番目の母親は自殺をしてしまったということです。

衛藤さんは、それからしばらく父親に対する怒りを持ち続けていたらしいのですが、心理学を学んだことで、今では父親に敬語を使ってしゃべられるようになったということです。

しかし、衛藤さんの態度は、僕には父親を下に見ているように見えました。

例えば、

「確かにそうだね。年齢の重ねてきた お父さんの言うことは含蓄があるね。」

と口では言ってるのですが、本当はそうは思っていないようでした。
子供相手にムキになる大人はいない。
ということを言っていたので、要は相手を下に見ているということたと思うのです。

しかし、それって真摯じゃないと思うのです。

だって、誰だって自分を下に見ている人と話したくないじゃないですか。

いや、自分が常に人と真摯に接せられているかというと、全くできていないです。

しかし、真摯に接せられてない事を後からよく反省する身からすると、他人の真摯でない態度も気になってしまいます。

それで、怒りを鎮めることはできるのかもしれないけど、果たしてそれって、良い人間関係と言えるのだろうかと思ってしまいました。

もしかしたら、自分の理解不足だったり、衛藤さんの説明不足だったりするのかもしれませんが、その部分が最後まで納得行かなかったです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2 件のコメント:

  1. 体験会で人が多いのは、すでに受講中の人間を参加させているからですよ。
    要はサクラです。
    無駄にうなづいたり空気を作ろうとするので集中できないんですよねぇ。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。そういう手があるんですね!ありがとうございます!

      削除